yang02.com

English/日本語


Avatars

本作品は電話やカラーコーン、石膏像、車、植物など大小様々なオブジェクトで構成されたインスタレーションである。空間に配置された日常的なオブジェクトにはカメラ、マイク、モーター、小型コンピューターなどが組み込まれ、インターネットに接続されている。鑑賞者はWebブラウザから各オブジェクトにログイン(憑依)して作品を鑑賞することも可能で、空間を知覚しながらある物は場所を移動したり、その物が持つ固有の機能を発動させることが出来る。

アバターはインターネット越しにブラウザからログインするが、仮想空間ではなく物理法則が支配する現実空間に存在し、そこには現実の人間も存在する。IoTに代表されるようにあらゆる物がネットワーク化され、人工知能が成熟しようとしている現在、自律性を持たない無機物である物たちが、意思を持った者になり世界を知覚し動き出した時に立ち上がる新たな関係性を考察する。

For this installation, So Kanno + yang02 composed all kinds of differently sized objects, including a telephone, a traffic cone, a plaster figure, a car, and a plant. Cameras, microphones, monitors and microcomputers are embedded in everyday objects arranged in the exhibition space, and connected to the Internet. Visitors can experience the work by logging in to / "riding" each object via a web browser. Against the backdrop of the age of IoT, where all kinds of things are connected through networks, and artificial intelligence is about to mature, this work observes the new relationships that emerge when inorganic, non-autonomous objects transform into persons that act and perceive the world according to their own intentions.








Collaborate with So KANNO
Commissioned by Yamaguchi Center for Arts and Media [YCAM]
Co-developed with YCAM Interlab
In collaboration with Yushin Suzuki and Takanobu Inafuku

Photo by Kazuomi Furuya


Related Exhibitions