yang02.com

English/日本語


脱成長のためのイメージ|Image for Degrowtth

キャンバス上に設置されたコース上を超低速に改造したミニ四駆が右往左往を繰り返し、現行のコンピューターには使い物にならないGPU(Graphics Processor Unit)が本来の役目を果たさず、そのファンが心もとなげに回転する。その背景として描かれているドローイングは、グラフィティのイメージを学習した機械学習システムが導いた、しかし不完全な「グラフィティ」の図像であり、そのデータをXYプロッターがスプレーで描いたものである。メディアアートの起原としてロバート・ラウシェンバーグを位置づけ、彼が絵画作品として試みたコンバインペインティングを参照しつつ、現在の価値観においては意味を成さなかったり、失敗とされる負のイメージを一つの画面に寄せ集めた。合理主義に毒された私たちが、脱成長を受け入れるためのイメージを無意識に刷り込むために。

A Mini 4WD modified for ultra-low speed is repeatedly driven left and right on a course set up on a canvas, and its fan spins disconsolately as the GPU (Graphics Processor Unit), which is useless for current computers, fails to perform its intended role. The drawing in the background is an imperfect "graffiti" iconography derived from a machine learning system that has learned the image of graffiti, and the XY plotter spray-painted the data. While positioning Robert Rauschenberg as the originator of media art and referring to the combine painting that he attempted as a painting work, the negative images that do not make sense or are considered failures in the current sense of values are gathered on a canvas. The purpose of this work is to imprint on our unconsciousness an image that will help us, who have been poisoned by rationalism, to accept degrowth.








Photo by Osamu Sakamoto


Related Exhibitions