yang02.com

English/日本語


SENSELESS DRAWING BOT

この作品は二重振子のカオス性をもった動きを利用し、スプレーを用いてダイナミックに抽象的なラインを描画する、自律生成型ドローイングマシンである。二重振子を取り付け、独自に改造を施した電動スケートボードが、振子の支点に取り付けたロータリーエンコーダによって振子の向きを判断し、左右に運動することで振れ幅を増幅させ、振子の運動量がある閾値を超えると、瞬く間に壁面へ描画を行う。動作の原理はいたってシンプルである。『グラフィティ』と呼ばれる落書き行為における、人間の身体や主張を排除し、描画プロセスに宿るダイナミズムを抽出することで、その行為を模倣する。即興性や、記号性、ヴァンダリズムとしての側面といった要素のみを提示することで、この行為の本質は一体どこにあるかを探り、新し解釈につなげることを試みた。

共同制作者:菅野 創

This is a autonomous drawing bot. The bot draws abstract lines dynamically using the chaotic movement which is generated by double pendulum. The mechanism is very simple. Hacked RC skateboard which is installed double pendulum determines the direction of pendulum by the data from rotary encoder and amplify the movement by moving left and right. Thus draw the line in a blink of eye if the momentum goes over the threshold.
The aim of this work is imitation as an action of Graffiti by extracting the dynamism of process about drawing by removing the humans physicality and insistance. Trying to find out the basic essence of Graffiti and connect to new interpretation by suggesting several essence like as improvisation, vandalism and symbolic shapes.

Collaboration with So Kanno




@Utopia no Oshirase, Photo by Yohei Yamakami


@Roppongi Art Night 2015, Photo by Rakutaro Ogiwara


@MONS 2015 Ailleurs en Folie Tokyo


@BEAUTY & YOUTH (Omotesando, Tokyo)


Related Exhibitions