yang02.com

English/日本語


落書きの原理について|About a Theory of Graffiti

電動ポンプで吸い上げられた水がシリコンチューブを伝い、XYプロッター のキャリッジの先からコンクリートブロックに水滴を垂らし、水によってドローイングを行う装置とその一連のシステムで構成された作品。ブロックに取り付けられた水分センサーによってシステムはブロックの湿り気/乾き具合を知覚する。ブロックが乾いてドローイングが消失するとサーバー から座標データを取得しドローイングをはじめ、描き終わりブロックが濡 れれば扇風機を回転させ水分を蒸発させる。描かれるドローイングは、街に描かれる「スローアップ」という形式のグラフィティーにおける、ラインの造形的特徴を機械学習プログラムが学習し、独自の「それらしい」 ラインをアウトプットしたもの。ダニが少ない知覚で反射的な行動を繰り返し生命を維持しとうよするように、グラフィティライターたちも壁があれば衝動的にスプレーで 名前を書き記し、やがて消され、それが繰り返される。そんな反射と円環構造を比喩的に示した。








Installation view @「大いなる日常」|Photo by Takuya Matsumi


Related Exhibitions